取扱事件

医療、交通事故、消費者、債務整理、離婚、
相続・親族、一般企業法務、刑事事件 等の事例紹介です。

医療事件

 受診や治療を受け、傷害を負ったり死亡した際に、ミスがあった医療機関に責任を問うものです。私達は、ご相談者に寄り添って医療事故の原因が何であったのか、どのような責任を追及できるのかを一緒に探ってまいります。

 もっとも、感情的な訴えでは、医療機関も裁判所も納得させることはできません。適切な知識に基づいて丹念な調査に基づく的確な法的請求を構成する必要があり、弁護士代理が必要とされる最たる事件類型です。

 

 医療事件は専門的な知識を要する分野であり、その為、十分な調査をせずに請求をすれば却って依頼者の利益を損なえることがあります。そこで、事件をお受けする際には、この医療事件が訴えるに値する事件であるかの見極め、過失の有無を調査し、法的な請求ができる程度に内容を検討します。

①過失調査  事件が医療機関による過失であり、法的に請求することが可能か、カルテ等の各種資料を基に、医師ら専門家の意見を聞き、調査し、内容を吟味します。この調査に基づいて、今後の方針を決定します。

②請求     訴訟あるいは交渉により、相手方に請求を行います。


事例

PCI術中の事故による出血により高齢女性が亡くなられ、遺族が損害賠償請求訴訟を提起した事例。事前の説明と大幅に異なる手術中の状況が明らかとなり、和解にて終了しました。