執筆/コメント/裁判事例

八女法律事務所の執筆/コメント/裁判事例をお届けします。
随時更新しております。

裁判事例(若者消費者被害) 起業家セミナー事件(控訴審)

福岡高等裁判所平成29年3月28日(平成28年(ネ)第886号)

福岡地方裁判所平成28年9月30日判決(平成29年(ワ)2939号)の控訴審です。1審では途中から被告らは出廷しなくなったのですが、刑事事件として捜査され、全国的に報道されたせいか、突如として控訴してきました。第1回期日で結審しアッサリと控訴棄却判決となりました。

 これにて、世間を騒がせた「起業家セミナー事件」の違法性に決着が付いたと考えます。

裁判事例(若者消費者被害)消費者法ニュース110号231頁

福岡地方裁判所平成28年9月30日(平成27年(ワ)第2939号、平成28年(ワ)第881号)

若者を対象として「起業家になれる」と勧誘するが、実際の受講内容は四柱推命の占いであったり、新たな受講生を勧誘させることであった事件で、全国的なニュースとなった。

執筆 消費者法ニュース110号 特集新聞残紙問題(押し紙)とマスコミ 監視する者がいない日本のメディア(第4の権力)

消費者法ニュース110号61頁

佐賀新聞押し紙訴訟弁護団として取り組んでいる押し紙残紙の問題についての特集記事です。

記事はこちら→消費者法ニュース110号61頁.pdf

残紙問題についてはこちら→http://no-zanshi.com/

裁判事例(宗教・離婚)福岡家庭裁判所八女支部平成28年11月30日審判 消費者法ニュース111号238頁・112号260頁

福岡家庭裁判所八女支部平成28年11月30日審判(福岡家庭裁判所八女支部平成28年(家)第32号子の監護者の指定申立事件、33号子の引き渡し申立事件、同(家ロ)第20号審判前の保全処分申立事件)

閉鎖的宗教団体の幹部の指示に盲従する妻が高校生の子を監護していた事例で、夫に監護者指定をする監護者指定・子の引き渡しの審判が認められた例。閉鎖的宗教団体に盲従する信者の一方親が子供を連れて別居することは良くあることですが、そのことが監護者の指定・子の引き渡しの判断に影響を与えた先例は確認できない。

なお、同時に判断された審判前の仮処分は棄却された。

*本件に関する相手方からの抗告は平成29年3月30日福岡高裁にて棄却されました。

コメント(消費者被害) 西日本新聞平成28年9月21日夕刊「投資詐欺 狙われる20歳」

西日本新聞平成28年9月21日夕刊

「投資詐欺 狙われる20歳」の記事中、「現状では消費者教育が十分とは言えない。知識も経験も乏しい若者への被害を防ぐためには、教育の充実や、啓発が急務だ」とコメントしています。

コメント(探偵被害) 西日本新聞平成28年6月11日夕刊 「恋愛工作業者トラブル多発」

西日本新聞平成28年6月11日

「恋愛工作業者トラブル多発」の記事中、「別れさせ屋」や恋愛を成就させることを請け負うを一部悪質な業者についてコメントしています。

裁判事例(探偵被害) 消費者法ニュース107号322頁

福岡地方裁判所久留米支部平成28年2月19日(平成28年(ワ)378号事件)

特定の女性と交際できる(恋愛関係を築くことができる)と謳って顧客を勧誘し、次々と追加調査を契約させ、契約代金合計1239万6000円を支払わせたという事件につき、請求原因を認めた上で全額の支払いを認める和解(なお、完済時に弁護士費用免除)が成立した。

和解内容はこちら→消費者法ニュース107号332頁.pdf

消費者法ニュース106号4頁 特集スラップ訴訟(恫喝訴訟・嫌がらせ訴訟) スラップ概論

消費者法ニュース106号4頁

SLAPP(Strategic Lawsui Against Public Particitaion)についての特集記事です。

特定の言動(表現活動)を封圧する目的で行われる訴訟で近年問題となっています。

記事はこちら→消費者法ニュース106号4頁.pdf

 

消費者法ニュース102号211頁 寶珠宗寶珠会(旧泰道)の進出疑惑と名誉毀損訴訟(後半)

消費者法ニュース102号211頁

 消費者法ニュース100号の後編。威嚇目的訴訟(SLAPP訴訟:Strategic Lawsuit Against Pubklic Participation)と思しき事例です。

名誉毀損訴訟の濫用は最近、注目を浴びる、社会問題となっており、問題的の論考です。

≫ 続きを読む

消費者法ニュース100号266頁 寳珠宗寳珠会(旧泰道)の進出疑惑と名誉毀損訴訟

消費者法ニュース100号266頁

 宗教団体の進出や施設建設には地域住民の反対運動がよくしょうじるところ、反対運動に対する名誉毀損訴訟も生じるところです。

≫ 続きを読む